Small Photo Diary

Photo Diary, QuickSnap(写ルンです), iPhone SE, Voice Memos, Camera, DSC-RX100, その他の日記(https://mitsueyou.hatenadiary.jp/), Tumblr(https://yumitsue.tumblr.com)

板橋区立美術館の収蔵品展「井上長三郎・寺田政明・古沢岩美の時代 池袋モンパルナスから板橋へ」を観る。数年前、同美術館の「井上長三郎・井上照子展」を見てから面白いと思っていたので、井上長三郎(1906−1995)を目当てに。

・他の二人に比べて出品数は少なかったけれど、それだけ集中して観ることができてよかった。特に70年代、晩年のよく知られたスタイルで描かれた数枚がとても良い。

・ぶよぶよした人形のような政治家が二人、椅子にふんぞり返っている《椅子》(1973)。顔面や服装に描かれる弧線の繰り返しが人物にぶれをあたえ、背後で二人を包む大きな輪郭が線の色と呼応して、ハレーションをおこす。見ていて飽きない。マッドな質感といい、色の選択といい、井上長三郎の絵はとても瀟洒だ。よく取り上げられる政治的なテーマであっても、絵自体には抜け感があるというか、いちいちセンスがあるというか、いつもそんな印象を持つ。あまり時間をかけられなかったので、また機会をつくってじっくり見に行きたい。

・ところで板橋区立美術館武蔵野台地の北側のヘリに位置するから、周辺の地形が素晴らしい。

 

・6度目のピエール・ボナールプロヴァンス風景》(東京国立近代美術館MOMATコレクション) 。

・いままでで一番うまく見られなかった。絵はいっかんしてよそよそしく、全然かまってもらえない。そろそろ行こうかという間際、やっと画面が明るくなって野蛮な力が感じられたが、こちらの気持ちがむかず、後ろ髪を引かれながら帰る。

・今回の常設展では、岸田劉生を中心に同時代の日本人の肖像画が集められた部屋があるが、やはり岸田劉生が目を引く。《麗子肖像(麗子五歳之像)》(1918)の、眼の周りが凹んでいるのか膨らんでいるのかどちらとも言えない奇妙さ。土色の汚れた顔に晴れた空を映しているような、緑がかかった青色の左目。

・5度目のピエール・ボナールプロヴァンス風景》(東京国立近代美術館MOMATコレクション) 。

・目の前で見ると、ぼやけた筆致/ストロークのわかる筆致、ぼやけた色彩/はっきりした色彩、といった書き分けがある。画面のそこらじゅうが、様々なスケールでブレている。だから離れて見ても、何かがはっきりすることがない。逆にいうと、どうにかして何かとして受け取られることがないように描かれている。きっかけ・とっかかり・手がかりといったものを寸止めしているかのよう。弱い抑止を保つためのとんでもないインナーマッスル

・絵を見るというのはどういうことかわからなくなる絵である。